社会福祉法人たつの子の会

社会福祉法人 たつの子の会では
4つの保育施設を運営しています。

ごあいさつ

すこやかな成長を願う

社会福祉法人たつの子の会は昭和51年8月産休明けから働く保護者達が力を合わせて開設した無認可の共同保育所が始まりです。

小さな民家を借り、一日で保育室に改装し、スタートしました。長時間保育に見合う保育内容や給食内容を試行錯誤する日々でした。

昭和55年4月社会福祉法人を設立し新園舎を建設し、乳児保育を行う定員30名の小規模保育園として新たに出発。子どもを真ん中に、「保護者にとって」、「職員にとって」、「地域の人たちにとって」今取り組めること、取り組まなければならないこと等、優先順位を考えながら歩んできました。

子どもの成長に大切な「よく食べ・よく遊び・よく寝る」取り組みをして参りました。また、重症アレルギー児との出会いから卵・牛乳を使用しない献立の給食を提供するようになりました。

さくら・さくらんぼ保育園創設者、故斉藤公子先生から、子どものこと、リズムあそびのこと等、沢山のご指導を頂き、保育の在り方を学び、子どもの医学協会、故荒井良先生を招いて、からだのしくみと命の発達・成長を学び、いま必要な援助について考え、取り組みを重ねてきました。

生きる力を育てる

子どもはいつだって明日に向かって生きています。今日、この瞬間を豊かに生きることが明日を確実なものにしてくれます。

周りにいる大人たちが手をつなぎ、共に育ち合う場所として保育園が活用されるよう願います。

たつの子の会の歩み

平成12年幼児まで一貫した保育の実施(定員80名)
平成15年子育てひろばの開所に伴い一時保育、病後児保育、地域子育て支援事業の実施
平成18年西東京市立みどり保育園運営受託
平成23年西東京市立そよかぜ保育園運営受託
平成27年老朽化に伴い羽村たつの子保育園の全面改築(定員102名)
平成29年公立しらうめ保育園を引きつぎ、羽村しらうめ保育園を開園。

法人組織図

公開情報


採用情報

羽村たつの子保育園の
ミッション・
ビジョン・バリュー

基本理念 – ミッション

生きる力を育み親子が元気になれる
保育園創りを目指します

くう・ねる・あそぶを基本に、人と人との関わりの中で子どもを育てます。

保護者が我が子をいとおしく思い、安心して子育てできるよう援助します。

私たちが目指す – ビジョン

ひとりの子どもを みんなで育てる
大家族のような保育園

安らぎと温もりを感じ、誰もが集える場

未来を思い描き、切り開く力を持ち続ける人

私たちが大切にする考え方 – バリュー

私たちは手塩にかけて子どもを
育てることを大切にします

子どもたちへ
自分を大切にし、仲間も大切にすること。
気持ち良く、遊んで・食べて・眠れること。

保護者へ
自信をもって、子育てができること。

職員へ
専門性と文化性をもち、自らが育ち、
伝える力を持つこと。

保育園で働きたい方へ

9年たった今でも
変わらない気持ちで
居られる保育園です。

学生の時に実習をして、子ども達の泥んこになって夢中であそび、野菜も何でもよく食べる逞しい姿と、職員の楽しそうに子ども達とあそび、明るく元気な姿を見て、ここで働きたいと思い就職しました。

一歩一歩
成長していけるように
頑張っています。

保育士1年目。田植えや鯉つかみ等、本物にふれることを大切にしているこの園に魅かれ、就職を決めました。現在、リズムあそびで養った子ども達の体力と身体のしなやかさに驚く日々です。